介護と聞くとどうしても汚いやキツイなどというイメージを持たれがちな業種ですが、確かに体力を要しますが、それだけではありません。
介護や支援を受ける高齢者の方やそのご家族から感謝されるやりがいを感じられる業種でもあります。
キャリアを目指して活躍されたい方も、実務経験を積むことで将来性があり長く続けられる仕事を手に入れられる魅力もあります。
少子高齢化が進んでいる現代では、介護施設や事業所の普及に比べ、そこで働く人材不足が続いており、富山県内に関わらずどこの施設でも常に求人募集を行なっているのも現実です。
そのため、介護職に就きたいとお考えの方は、ほかの業種に比べて就職先や転職先が見つけ易いと言われています。
とは言え、働くからには自分に合った職場を見つけることが大切です。

資格を取得してキャリアを目指す

介護業界は、医療業界や福祉業界と並んで資格が多い資格業界とも呼ばれています。
介護の仕事に就きたい場合には、厚生労働省指定の福祉系大学や養成施設を卒業する方法もしくは、介護職員初任者研修を受講し、実務経験を積みステップアップしながら資格を取得することでキャリアアップも夢も実現します。
初任者研修修了者は、次の実務者研修が受講でき、このあと3年以上で国家資格の介護福祉士資格、5年以上で介護支援専門員の受験資格を手にいれることができます。
受験に合格することが何よりも重要ですが、より幅広い分野での知識を必要とする難易度が高く合格率が低い試験なため、それ相応の受験勉強が必要となります。
資格の取得については、当然のことながら富山であっても日本国内どこでも同じです。

スペシャリストとなれる国家資格

介護福祉士資格は、介護業界で唯一の国家資格となり、介護のスペシャリストと認められる資格で、高齢者の方のための身体介護や生活援助だけでなく、サービス提供責任者や事業所のマネージャーとして活躍ができ、転職の際にも優位となる資格です。
介護支援専門員は、国家資格ではありませんが最高峰のキャリアと言われている資格であり、介護施設で最も必要とされ需要の高い人材となれます。
独立して訪問介護事業所の開業もできるため、より活躍の場が広げられるのがメリットな資格です。
介護に興味がお持ちの方でこれから介護職として働くことを考えている場合には、まずは初任者研修を受講し、施設や事業所に就職をし、働きながら資格を取得することで活躍の場を広げられ、将来性のある仕事が実現します。