介護職の仕事は富山でもいろいろとあります。その仕事の一つにケアマネージャーという職種があります。ケアマネージャーは、各種の介護サービスがある中で介護保険制度とそのサービスを必要としている人をつなぐために、活躍しています。この作業はケアマネジメントと呼ばれています。具体的には要介護、要支援の申請を受けるために家族や利用者からの相談を受けたり、認定を受けたのちに各利用者の状況に応じた介護サービスの計画を立てたりする作業をいいます。
この計画のことをケアプランと呼んでいます。ケアプランの作成後介護サービスを提供する事業所など専門スタッフと連絡を取って、サービスの手配を行っていきます。そして事業者が利用者に対してサービスをきちんと行っているか、サービスが利用者にあっているかなどを継続的にチエックします。

ケアマネージャーに求められるものと働く場所

ケアマネージャーが多岐にわたる作業をこなしていくためには、介護保険制度やほかの法律を含む幅広い知識と保健、医療、福祉に関する多くの経験を持つことが求められています。そのためケアマネージャーの資格を取得するためには、いろいろな職業の経験が求められています。
さらにケアマネージャーは利用者に対するいたわりの気持ちや社会的な役割を果たすことができる決断力と行動力、そして速やかに状況を判断する力が介護職の中でも一番に備わっていなければなりません。介護保険の利用者が受ける介護サービスは、自宅で受ける居宅介護または在宅介護と専門の施設に入所する施設介護に分けられます。将来ケアマネージャーになれば、居宅介護支援事業所や地域包括支援センター、在宅介護支援センター、介護保険施設や介護老人福祉施設で働くことになります。

チームアプローチがとても大切です

ケアマネージャーの作業はほかの専門スタッフや関係機関との連携が、とても重要になってきます。専門スタッフというのは、利用者の身体的な介護や家事などの生活支援を行うホームヘルパーや、介護福祉士のほか利用者の福祉相談に対応する、社会福祉士などを指しています。またリハビリを支える理学療法士や作業療法士、言語聴覚士、医師や看護師なども医療分野における専門スタッフになります。
このように福祉や医療などの各専門家が、チームを組んで利用者の求めに応じて介護に取り組むことをチームアプローチと呼びます。ケアマネージャーは各専門家とチームアプローチを行うことで、必要かつ最適な介護サービスを利用者に提供することができます。そのためにはチーム内で連携する人たちの職業や仕事内容などについて、理解を深めておくことが大切です。富山でもケアマネージャーが大活躍しています。